02/24/15

避妊薬服用に際しての健康上のメリット

避妊薬とはその名の通り、避妊をするために服用する薬です。避妊薬は飲み始めて間もない方ですと体が驚いてしまい、副作用のような症状が出ることがあります。とはいえ、一般的にはそれほどひどいものではなく、乳房痛、悪心や不正出血などがしばらく続き、自然とおさまっていきます。

避妊薬を服用することで得られるメリットはたくさんあります。まず生理周期が安定し、出血量が減ったり、月経痛や月経前症候群が緩和します。またニキビや多毛症が改善し、良性乳房疾患や子宮内膜症、子宮体がん、卵巣がんなどの発症する確率が低下するので予防になります。また子宮外妊娠の確率も低くなります。子宮内膜症がある方はピルを服用することで改善することができます。

ただ避妊薬を服用する場合、たばこを吸っている女性は禁煙をするように指示されることが多いです。これは循環器系の病気にかかってしまう確率が高まる恐れがあるためです。もともと女性は加齢と共に循環器系の病気のリスクが高まるのですが、たばこを吸うことによってその確率がさらに高まるのです。さらに喫煙者でピルをのんでいるとその確率はぐんと上がってしまいます。特に35歳を過ぎていると注意しなくてはいけません。タバコを吸っている方はそのことを正直に医師に話してピルの服用について相談するようにしましょう。また避妊薬は避妊をするための薬なので、性病の感染を防ぐものではないことを覚えておかなくてはいけません。ピルを飲んでいるから平気だと避妊具の使用を避けていると、性感染をする恐れもあります。きちんと併用するようにすると避妊効果も高まりますから、両方を使用するようにしましょう。まれに避妊薬が体にどうしてもあわない人もいるので、服用する前には必ず医師の診察をうけるのが大切です。

02/15/15

自由診察の場合、薬は通販の方が安い

ピルを購入しようと考えた場合、病院へ行って処方してもらう人が多いはずです。しかし、自由診察の場合は、通販で買った方が安くなってしまうことが多々あるのです。ピルの料金を少しでも安くするためにも、しっかりと知っておくようにしましょう。
まず、自由診察とは、保険がきかない診療のことです。健康保険が適用される診察は、健康を害したことに対して治療を行う場合を指します。そのため、健康な人が他の理由で診察を受ける場合、自由診療になります。自由診察は保険がきかないため、金額はすべて、病院側が決めることになるのです。当然、ピルの処方の場合も、価格が病院によって異なってきますし、保険が適用される診察よりは、とても高くなってしまいます。
ピルは避妊薬として購入する人も多いはずです。避妊薬として購入する場合は、自由診察になってしまいます。健康な人が避妊のために使うものであるためです。病気ではないので、医療機関で診察を受けることは保険外の診察になってしまうのです。但し、ピルであっても、子宮内膜症などの治療薬として処方される場合は別です。子宮内膜症という病気を治すために処方されるため、この場合は保険適用の薬となるのです。保険が適用されれば、とても安い値段で購入することが出来ます。
しかし、病気ではない人が避妊薬としてピルを購入する場合は、自由診察になってしまうので、通販で購入した方が安いという結果になる可能性があるのです。治療のために購入するのなら、病院で処方してもらった方がよいですが、避妊薬として購入するのであれば、通販の方が安くなります。それらについてしっかりと知った上で、購入する先を選ぶようにしましょう。

02/6/15

緊急避妊薬への保険適用

緊急避妊薬は、保険が適用になりません。
保険は、病気の治療の際に適用になるのですが、避妊薬の場合病気の治療目的としていないため、保険を適用する形で、処方してもらえなくなるのです。
避妊薬を処方してもらう時には、一定のお金も用意しておくとよいでしょう。
緊急避妊薬の処方を依頼する時にクリニックを利用することになるのですが、クリニックごとにかかる料金が違ってくるため、詳しく調べておくとよいでしょう。
自由診療になると、クリニックごとに診察料や薬の料金が変わってくるため、クリニックを選ぶ必要が出てくるのです。
料金について確認しておけば、安い料金で利用できるクリニックを見つけることができますので、費用についての確認を行っておきましょう。
避妊薬をクリニックで処方してもらう方法以外にも、通販で購入しておけば、利用したいときに利用できるようになってきます。
緊急避妊薬を飲むケースでは、出来るだけ早く服用しないとその効果が期待できなくなるため、事前に詳しい料金を調べておく余裕はあまりありません。
ただ、事前に通販で避妊薬を購入しておけば、クリニックに通う必要なく薬を飲むことができ、避妊の効果を得られるようになってくるのです。
万が一のことがあった時のことを考えたときには、通販を利用して手に入れておいてもよいでしょう。
薬を手に入れる時には、自由診療になるため保険が使えなくなってしまうのですが、事前に料金について調べておいたり、安く利用できる通販を使って購入しておけば、料金を安く抑えられるようになってきます。
どのクリニックや通販が安く売っているのか調べたうえで、一番良いところで避妊薬を購入しておけばよいでしょう。